賃貸仲介部

事業内容

賃貸の「仲介」とは、賃貸物件オーナー様から依頼を受けた物件の入居者を幅広く募集し、入居者を決定し、賃貸借契約を結ぶまでの業務を行います。

仲介業務の範囲となるのは、賃貸物件オーナー様や管理会社から依頼を受けて空室の入居者を募集し、入居者を決め、賃貸借契約の締結を行う「まで」のことを言います。

 

具体的な仲介業務の例

①広告(入居者の募集)
物件の広告を制作・インターネット(ホームページ掲載)に登録を行い、入居者を募集します。

②内見の立会い~入居申込書の受領
入居希望者の内見に立会い、物件の説明を行います。そのうえで入居の意思を受ければ入居申込書を受け付け、希望に沿わないようであれば別の物件を提案するなど、住まい探しをサポートしております。

③重要事項説明~賃貸借契約の締結~鍵の受け渡し
管理会社や貸主による入居審査が通れば、入居者に対して書面を用いて重要事項説明をし、合意を得て、賃貸借契約を締結します。借主は、全ての条文に目を通し、納得してから契約を行わなければなりません。特に、解約時の予告や、清算方法、物件によって特別に定められた、「特約」についてはトラブルになりやすいため、注意が必要です。